数年前までは、陸マイラーにとって優遇された時代でした。
還元率も2.5%等高還元なものが多かったのですが、現在は1%取るのも中々大変です。

私もJALカードとWAON中心に陸マイル貯めていますが、年間2万マイル程度に留まっています。



そこで、日々の生活の中で、無駄な出費をしないでマイルを貯めるために、公共料金コンビニ決済でJALマイルを貯める方法をご紹介します。
(下記ブロガーさんの情報を参考にさせて頂きました。ありがとうございます。)

先ず、公共料金をコンビニ決裁するにあたり、nanacoカードを用意します。
その理由は、楽天Edy、WAON、Suicaと電子マネー払いはいろいろ有りますが、公共料金決裁はnanacoしか出来ません。

ただ、nanacoで公共料金支払いをしてもポイントは貯まらないので、nanacoにチャージすることでクレジットカード会社のポイントをゲットします。
これも、ポイントが貯まるカードと貯まらないカードがあるので注意が必要です。


その中で高還元カードでかつJALマイルに結び付けられるカードは リクルートカードプラスになります。

この リクルートカードプラス でnanacoにチャージをすることでリクルートカードポイントが貯まります。
このままでも2%の還元率なのでマイルを貯めない方はここで終了です。


しかし、陸マイラーとしてはこのポイントをJALマイルに転換するわけですから、もう一工夫が必要です。


リクルートカードのポイントをJALマイルにするには、JMBローソンPontaカードが必要になります。
これ以外のPontaカードだとJALマイルに還元が出来ませんので注意が必要です。
(2015年春にはどのカードでも可能との情報あり)
カード会社にも電話にて問い合わせをしましたが、現在のところはこのカードのみのようです。


リクルートカードポイントをPontaポイントに転換し、最後にJALマイルへと変更する。
これでようやく公共料金支払いでJALマイルがたまる図式が完成です。


フローとしてはこんな感じです。

名称未設定




纏めると、
公共料金コンビニ払いで1%のマイル付与がある。

これはJALマイラーとして現在のところ一番高還元だと思います。


また、陸マイラー専門の方は、公共料金コンビニ払い以外でもメリットがあります。

JALカードはショッピングマイルを付与により還元率1%になりますが、年会費が5,400円掛かります。
それをnanacoカード、リクルートカードプラス、JMBPontaカード3枚所持で年会費2,160円になりますので同じ還元率1%で年会費3,240円お得になります。

フライトの多い方はJALカードの方がマイル付与が大きいのでJALカード所持するのがお得だと思いますが、陸マイラー専門であれば一候補として検討の価値ありでしょう。


陸マイラーには厳しい時代ですが、情報を集めて少しでもマイル獲得し、昨年のようにマイルで海外旅行1回は行きたいと思っています。



現在リクルートカードはキャンペーンを実施しておりまして、新規入会で5000ポイント、初回利用で2000ポイント貰えます。
これだけで3500マイルになるわけですからまだカードを取得していない方はチャンスだと思います。
私もこのキャンペーンを利用しました!




参考にさせて頂いたブロガーさんのブログです。ありがとうございました。

おサイフプラス さん
書庫のある家@i-cube さん