先日の1歳児を連れてのタイ旅行は無事に楽しむことが出来ました。
幼児を連れての海外旅行に不安はありますが、キチンとした準備と下調べさえしておけば何とかなることをこれで証明できたので、欲を言えばもう一回、最低でも年一でいろいろな場所に行こうと思っています。

そんな幼児を連れての海外旅行で最も重要なウエイトを占めると感じたのはホテルです。

前回の台湾旅行もそう感じましたが、大人だけの旅と違い幼児は暑さ対策やお昼寝など適時休憩を取る必要が有ります。 また、ずっとベビーカーや抱っこ紐の中ではストレスを感じ身体を動かしたい欲求からグズったりもします。

そういった子供のための環境を考えた時、ホテルにピットイン(小休憩)して少し身体を動かしたり、お昼寝したりと色々出来る事が望ましいと思います。

また、観光地や繁華街へのアクセスが便利なホテルの位置も重要で、観光地の掛け持ちを一日中出来ないからこそ、ホテルを中継地点に使ったり、夫婦で交互に観光に行く際などアクセスが重要になってくると思います。


これらの条件を全て叶えたバンコクのホテルに今回宿泊したので、もし幼児(1歳児)を連れてタイ旅行を考えているご家庭がいれば参考にしてください。


以前の記事で、ホテルの最安値チェックについて触れましたが、今回もその方法で一番安くホテルを予約しました。

予約したホテルはグランデ センターポイント スクンビット ターミナル21というスクンビット通りに面したホテルです。

このホテルの一番の長所は立地も含めてですが、ターミナル21というショッピングモールが併設されていることです。

このモールが併設されていると何が便利かと言うと、フードコートが(外への)移動距離ゼロで行くことができるので、食事での移動や、小腹がすいた時の軽食やデザートなど、食事全般に不自由することが全くないことです。

幼児連れだと、ベビーカーでの移動や狭い店内での移動が大変だったり、お店を探すのも一苦労する場合があります。
それが、フードコートなら子供連れも沢山いますし、このフードコートはタイ料理をお手軽価格で提供してくれる(1食200円くらいから)ので、もし残念な味のご飯に当たってしまってもそれ程悲しい気持ちにはなりません。
実際滞在中は毎日ここに通っていたので、ひと通り食べ尽くした感はあります。


ここでは先ず受付でプリペイド入金をして、
P_20150505_141022
お店の店頭にはディスプレイやNoが書いてあるので指差しかNoを伝えれば問題なく購入が出来ます。

購入後は適当な席を見つけて
P_20150505_134901

食べた食器はそのまま置いておくと、清掃係の人が片付けてくれます。
カトラリーはコート内に置いてありますのでお店に関係なくそれを使用できます。

タイと言えば、トムヤンクンやパッタイ、カオマンガイなんかも食べられますし
P_20150505_141117
スイーツのマンゴー屋も数店舗あります。


こんな感じに気軽に行けるフードコートは子供連れには大変重宝したのを今回の旅行で感じました。


他にも、お土産を買う際、地下にスーパーがあるので全てそこで済ますことが出来、重い荷物を持って移動もいりませんし、上階には携帯電話会社があるので、私はそこで4Gのsimを購入したり、地下には薬局もあるので、妻はそこでツバメの巣ドリンクを購入していました。

因みに、今回妻はエステSpaに3時間ほど行きましたが、その間も私と子供はモール内を散策していた為、時間を有意義に使用出来ました。
こういった、片方が何かをする際にもモールは便利に活用できると思います。


次に便利だと感じたのは、立地・アクセスです。

今回はドンムアン空港からタクシーでホテルに向かいましたが、30~40分ほどで到着し料金も高速代込みで130バーツ(500円)程度 でした。

また、このホテルはBTS(スカイトレイン)アソーク駅とMRT(地下鉄)スクンビット駅も渡り廊下で繋がっているのでBTS・MRT共に幼児連れでも難なく使いこなすことが出来ました。


ここまで、ホテル以外の環境について纏めましたが、ホテル自体も大変機能がよく、特に広さと洗濯機や電子レンジ、家庭用冷蔵庫が備え付けられているのが助かりました。
P5030309
部屋は広々としており、子供が走り回るだけのスペース十分でした。
P5030310
日本から持参した、子供用のパック米とレトルトおかずを電子レンジ温めたり汚れ物洗濯など、子供連れだとどうしても必要になる家電が揃っているというのは今までのホテルにない便利さでした。 


この旅行で家電のありがたさを感じてしまったので、今後の海外旅行はアパルトマンタイプのホテルが重要視すると思います。

その他、チャイルドプレイルームがホテルの備え付けられており無料で利用できます。しかも、チェックアウト後もフロントに言えば使うことが可能なので、これからフライトを控えている子供に沢山体を動かしてもらいストレス解消を図ることが出来ました。

因みに、プレイルールと同じフロアにシャワールームが有り、こちらもチェックアウト後でも使用可能でした。
我が家はフライトが深夜便だった為、空港に行く前シャワーを借りてさっぱりしてから空港に向かうことが出来ました。
これも、このホテルの評価を上げたポイントの一つですね。
 
まとめると、

1)ショッピングモール併設は、ご飯やお土産など何かと便利
2)BTSとMRTと連結しているので市内どこに行くにも便利
3)家電付きホテルは幼児連れには意外と重要。 


タイにはまた行きたいと夫婦でも話していますが、その際はもちろんこのホテルで決まりです。 


もし良ければご参考にして下さい。
ホテルを最安値で予約する方法
幼児連れ旅行の快適なLCC利用法