30代共働き家庭の夫が行う家計管理

DINKS世帯で趣味の旅行に散財続きでしたが、2013年11月第一子誕生を機に家計を見直し、家庭の将来に備え貯蓄を開始しました。共働きしながら家事と育児をこなしつつ健全な資産形成に努めています。目下目標は1,000万円。『節約』『貯金』『投資』の三軸を回しながら目標に向かって頑張ります。

カテゴリ:統計から読み解く

経済産業省が発表した生活コストの「見える化」システム これとても面白いです!日本の各市町村で暮らした時、現在の自分の環境と比較し移住先の町ではどの位生活コストがかかるのか、また収入はどの位になるのかを一瞬で算出してくれるソフトです。まだ、β版との事ですが ...

総合人材サービス会社ランスタッド株式会社が発表した「国別の定年に関する考え方」のレポートによると、日本は世界で唯一『より長く働くことに対し意欲が高い』統計結果が出ました。日本は「働く必要があると考える年齢」が60歳と回答し、「リタイヤしたいと考える年齢」は6 ...

総務省より10月の家計調査(二人以上の世帯)が発表されましたが、消費税増税後より家計の支出が減少しているそうです。前年同月比4.0%の減少で、金額にして約12,000円昨年より各家庭の消費が低いとのこと。内訳としては、以下の表の通りで、特に『住居の設備修繕』等が低下 ...

日銀が久々に黒田砲を爆発させましたね!日経平均株価は755円高の16,413円 ドル円は111.5円まで上昇(約2.2円円安)とは儲けた人がいる反面爆死した人が沢山いらっしゃったでしょうね。こういう相場を観るとついつい昔の悪い癖が出そうになりますが、平常心を保つよう自 ...

先日友人に会った際「出世して給与が上がったのにお小遣いは変わらないんだよね」とボヤいていました。以前は50,000円とそこそこ貰っていたのですが、嫁が専業主婦になった事と養育費が掛かるようになってからは15,000円に減らされたらしく頑張って働いても意味が無いと落ち ...

↑このページのトップヘ